ホーム > 診療の流れ

診療の流れ

診療の流れ

STEP1:初回カウンセリング
STEP1:初回カウンセリング

まずはご予約ください。
お悩みの症状をおうかがいし、「いつから始めるのが適性なのか」「治療期間はどれくらいかかるのか」「矯正装置はどのようなものがあるのか」「費用はいくらなのか」などを含めてご相談いたします。

特にお子さまの矯正治療の場合は、ご両親が治療の必要性に関してキッチリ理解し、きちんとお子さんにやらせる覚悟を持っていないと、なかなかいい結果が得られませんので、事前のカウンセリングは、念入りに行います。

STEP2:精密検査・診断
STEP2:精密検査・診断

レントゲン3枚、顔写真、口の中の写真、歯型をとって、その後検査結果を元に分析を行います。

STEP3:治療計画の決定
STEP3:治療計画の決定

よくある小児矯正というのは、ひとつの装置をつけて歯を動かし、また新しい装置をつくり直して装着し、というように、順番につくり直してやっていくことが多いのですが、この場合は装置をつくるごとにお金がかかってしまいます。
当院では、基本的にはそうならないように、どういう装置をつくるか十分検討して決めていきます。
合わなくなったからもう1回つくって、というのでは経済的な負担が大変です。

当院では、固定式や取り外し式で、通常2種類の装置を提案しています。
中には、「先生がいちばん効果があると思ったほうにしてください」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、一般的に親御さんは、「取り外し式のほうが子どもは楽なんじゃないか」ということで、多くは取り外し式を選ばれます。
その場合でも、それぞれの利点と欠点、効果をわかった上で決めていただきたいと思っています。

もちろん、すべての症例に対して、固定がよいというわけではありません。
取り外し式のほうがいい場合もあります。
このあたりも含め、しっかりとご説明をした上で治療を始めます。
ご質問や不安はご遠慮なく、おたずねください。

STEP4:フッ素塗布・ブラッシング指導
STEP4:フッ素塗布・ブラッシング指導

まず、装置をつける前に、必ずすべての方にフッ素塗布をします。
同時に、歯磨き指導をして、「正しい歯磨きができる」かテストを行います。
このテストに合格ができるまで、装置はつけません。

小さいお子さんの場合、親御さんが「仕上げ磨き」をされる場合もありますが、当院では、お子さんが自分で上手に歯磨きができるようになることこそが大切だと思っています。
一定年齢以上になって、仕上げ磨きをしなくなったとき、上手に歯磨きができないままでは、将来にわたってお口にトラブルを抱えていくことにもなりかねません。
特に、矯正装置の使用中は虫歯のリスクが高まっています。
矯正治療のために虫歯をつくってしまっていては、何のための治療かわからなくなってしまいます。
そのため、当院ではこうした予防に力を入れています

STEP5:装置装着・治療開始
STEP5:装置装着・治療開始

装置の準備ができたら装着です。
その後、装置を入れて、通常1カ月おきくらいにご来院いただきます。
小児矯正の場合は2カ月に一度くらいの場合もあります。
こちらは個人差があります。

取り外しが可能な装置を使用する場合、多くは医師から指示よりも装着する時間が短くなる傾向があります。
装着時間が短すぎて、期待する治療効果が得られない場合がありますので、ご注意ください。

STEP6:装置の取り外しからメンテナンスへ
STEP6:装置の取り外しからメンテナンスへ

1年くらいやったところで、最初からどれくらいよくなっているかを確認します。
そこで今後の治療について検討していきます。

矯正治療は、装置を外したら終わりではありません。
歯の位置が安定するまで保定装置を装着し、定期的なメンテナンスを行うことにより、虫歯や歯周病を防ぎ、キレイな歯並びと正しい噛み合わせを維持していきます。

治療期間について

小児矯正については、多くの場合はまず1年その装置を入れておいて、1年後の状況で、装置の使用をやめる装置の使用時間を減らす装置の使用を継続する のどれかを治療結果と、その時の背の伸びなどの成長の様子や歯の生え変わりの様子などを鑑みて判断することが多いです。

出っ歯などの治療の場合は、多くの場合は半年から1年ほどで前歯の噛み合わせは改善することが多いので、そこからそれを安定させるように少しづつ装置の使用時間を減らすことが多くなっています。

治療中のケアに関して

治療中のケアに関して

矯正治療中にもっとも気をつかうのは、虫歯予防です。
どんなに気をつけても、避けられない場合があります。


当院では、治療中には、フッ素洗口をすることをおすすめしています。
フッ素による予防効果は、かなり高いものがあります。
歯磨きと併せて行っていただくよう指導します。

それでも虫歯になってしまった場合には、当院では、同じ建物内にある高橋歯科で、速やかに最適な治療を行うことができます。

治療後について

治療後について

反対咬合の場合などは、一度治療して治っても、お子さんが中学生くらいになり背が伸びるときはアゴも同時に伸びるのです。
まれにではありますが、手術が必要な状態になることなることもあります。

こうした時、当院のような矯正専門医なら安心です。
治療後、不具合が起きても最後まで責任を持って治療をしていきますので、ご安心ください。
手術が必要な治療も当院内で行うことができ、転院は不要です。
6歳で治療を始めたお子さんが18歳で手術が必要になっても、当院で治療していただけます。