院長ブログ

2015年1月 5日 月曜日

乳歯にブラケットをつけるの?

矯正専門医にみえる患者さんのうち、永久歯列が出来上がっている患者さんについては、もちろん適応次第ということは否定できませんが、いわゆる「ブラケット」という装置を用いることが多いです。これは歯一本一本を3次元的にコントロールすることができ、治療をする側としては良い治療結果をだすためには最も有利な装置といえます。

春先、学校歯科検診に行くと生え変わった前歯の永久歯を含めて、生え変わる前の乳歯にもこの装置が付いている児童に出くわすことがあります。なんとも不思議な光景です。乳歯を動かしてもその後抜けてしまいますので、永久歯に使うブラケットをつけてまで動かす必要があるのかというと、大変疑問です。

乳歯にブラケットを付ける場合、そうやる先生(大方は矯正専門医ではないですが)にはいくつか理由があるようです。ひとつは早めに乳歯を動かして、その乳歯が生えている骨の状態を改善するということ。なるほど一理あるかもしれません。しかし、歯がはえている歯槽骨という骨自体は歯を動かしたくらいでは形は改善しないと思います。おそらくそこで彼らが出たと考えるような良い結果は、乳歯にブラケットをつけなくても、あとから永久歯に対して処置をすればよいだけなのではないかと思います。

早く治療を始める意義が本当にあるかは、正直確認できません。早くやれば安心なのか、やった治療が実は無意味(やらなくても同じ結果が出たかもしれない)なのかも確認できないのです。

乳歯にブラケットをつけるとなると、小学校低学年、今まで私は幼稚園の年長さんについているのも見たことがありますが、歯磨きがいっそう大変になります。

その年長さんでブラケットをずらっとつけているお子さんのお父様は、歯科用のレーザーの販売をやられている営業の方でしたが、
「こうやって装置をつけたことで、子どもの歯磨きに対する意識があがった」と誇らしげにお話されていました。歯磨きの意識を上げるのであれば、もっと負担が少なくかつ安価な方法があるだろうになぁと思います。

投稿者 高橋矯正歯科医院 | 記事URL

2014年12月 8日 月曜日

出っ歯の治療の装置は?



永久歯が生えそろっていないうちの上顎前突の治療としては、骨格の問題をいかに調整するかが重要になるとは、先に書いたとおりです。
これにはふたつ方法があると、私はお伝えしています。

ひとつは、下顎の成長をより促進させて骨格的な問題を改善する方法。もう一つは上顎の成長を少し抑えながら、下顎が成長に応じて伸びてくることで改善する方法です。

下顎の成長を促すには、バイオネーターという装置を使うことが多いです。これは取り外しの装置です。使う時間は、主に寝ている時間つけてもらいますが、装置になれるまでの1〜2か月は起きている時も1〜2時間使ってもらうことで、装置による反応が良くなります。

様々な矯正装置の中でも、子どもの協力を得やすく文句もでにくい装置ですが、骨格的な条件によっては効果がでにくいことがあります。矯正治療を始める場合は、きちんと治療をされている先生であれば矯正用のレントゲンを撮影すると思いますが、この検査により効果がでにくい骨格ではないことを確認することはとても大切です。

概ね6か月ほどで効果がでてくることがありますが、すぐやめてしまうと元に戻ってしまうことがありますので、1年使ってから徐々に時間を減らすというパターンが多いです。

もう一つの装置はヘッドギアという装置です。これは寝るときを中心に子どもであれば一日平均10時間ほどつかっていただけると良い効果がでてきます。この装置はバイオネーターよりも、しっかり使うことで確実に効果がでることが多いですが、こどもの協力はバイオネーターよりもやや得にくいようです。

私の場合は、患者さんの骨格の状態によってこちらのほうが良いという形でオススメする場合もありますが、実際にはお父様お母様の「うちのこはこの装置は難しいのでは」というような意見を聞いて、装置を決定していくことが多いです。

どんな装置でも利点欠点がありますので、それを充分にわかっていただくことが大切と考えております。

投稿者 高橋矯正歯科医院 | 記事URL

2014年11月 4日 火曜日

出っ歯の治療について

出っ歯は上顎前突とも言いますが、上の前歯が下の前歯よりも大きく前に出てきている状態を言います。通常、上の前歯は下の前歯よりも2mm程度前にでてきていますが、それをこえて著しく出ている場合は治療をおすすめします。一番の理由は見た目の問題です。小さなうちはそれほど気にならなくても中学生を越えてくると気になるというお子さんも増えてきます。

では、気になってからやるのではよいのではというご意見もあると思います。それも半分は正解だと思います。よほどひどい状態のもので無い限り中学生になっても治すことはできます。しかし、ある程度の上顎前突の場合、多くは歯の問題だけでなく骨格の問題もその原因になっていることが多く、骨格の問題から治していくには、小学生中学年くらいからは治療を始めたいなというのが本音です。

骨格の問題を治さない場合は、その骨格のズレの分だけ歯を多く動かす必要が出てきます。
早く治すことのメリットとして最近言われるのは外傷の問題です。成人になって出っ歯で来院する方の多くは、前歯を転倒などで強く打っている経験が多いです。ひどい場合は脱落ということもありますし、そうならなくても根が短くなり歯を動かすのが難しくなるということもあります。
転んだりするのはやはり子どものうちが多いわけですから、やはり早めに治療をしておくことに充分メリットがあると考えております。

投稿者 高橋矯正歯科医院 | 記事URL

2014年10月14日 火曜日

矯正治療中の虫歯予防の話  



矯正治療中は虫歯になりやすい。
これは残念ながら事実です。なぜかといえば歯が磨きにくくなるからです。

 私は3つの柱として、歯磨き指導、フッ素塗布、フッ素洗口を患者さんにおこなってもらっています。歯磨き指導は装置が入る前に子どもであれば3回ほどきてもらい、原則的には合格が出ないと装置が入らない(矯正治療が始まらない)というシステムをとっています。また、装置を装着する前にはフッ素塗布を行います。それに加えお家で寝る前にフッ素洗口剤でうがいをしてもらうという方法を加えます。

 さらに虫歯になりやすいお子さんにはいくつかの方法があります。でも、フッ素が先ず基本。そして装置がついているお子さんには歯磨きをしっかりできるようになってもらう。

 矯正で歯が綺麗に並んでも、虫歯が増えては困ります。また、こちらでいくら歯磨き指導をしてもお家できっちり実行できなければやはり意味がありません。また取り外しの装置を使ってもは磨かなければ結局は意味がありません。虫歯予防は、装置を付けない状態よりもある程度お母様お父様の協力も必要になってくるところです。
 

投稿者 高橋矯正歯科医院 | 記事URL

2014年9月19日 金曜日

みんなできれば抜歯したくないのです

 矯正治療と切っても切れないのが抜歯をするかどうかという問題です。
 結論からいいますと、我々矯正歯科医もできれば抜歯をしないで矯正治療をしたいと思っています。

 なかには、
「矯正専門の先生のところだと抜歯されてしまう」と言われましたという方もいらっしゃいました。

 歯を安易に抜いてはいけないというのは、歯科医師みんなが習うところです。でも、矯正治療には抜歯が必要なこともあるというのも同じように習うところなのです。

 私は患者さんにはこういっています。

「僕らは歯を抜くデメリットは充分わかっています。でもそれでも歯を抜くことを薦める時は、以下二つの理由のどちらかです。
A:ひとつは歯を抜かないで治療を行なうと、大きなデメリットがある場合。
B:もうひとつは歯を抜くことで歯を失う以上のメリットがあると考える場合です。」

 Aの場合は、歯を抜かないで矯正治療をやるのであれば矯正治療をやらないほうがましという場合がほとんどです。こういう状態なのに抜歯せず矯正治療をすると、歯の寿命やかみ合わせに大きな悪い影響が出て、これなら矯正治療なんかやらなければよかったのに暗澹たる気持ちになります。
 Bの場合は、その抜歯のメリットについて患者さんそれぞれの考え方が違いますので、説明の上患者さんに決めてもらいます。

 矯正治療の場合、画一的なやり方は存在しませんが、基本線としては抜歯はできればしたくないと矯正医は思っています。それに多くの患者さんが抜歯をしないと言えば喜ぶことも知っています。それなのに、抜歯を提案するというのはよほどの理由があるときです。私には抜かない抜かないという謳い文句をかがげているところが本当に患者さんのための治療をしているのだろうかと疑問を感じる時があります。
 
 患者さんが満足すれば良いと、言い切る先生もいらっしゃいますが、正しくない医療をして患者さんが満足していてよいのでしょうか?安い値段で、見栄えの良い家がたって患者さんは喜んだけど、構造などの根本的なところはめちゃくちゃで良いのでしょうか?
 

投稿者 高橋矯正歯科医院 | 記事URL